ハッカはねずみ駆除の手助けになる - ねずみ駆除は賢く事前にポイントチェック!

ハッカはねずみ駆除の手助けになる

subpage01

小さな体が特徴のねずみは害獣の一種であり、糞尿による悪臭、家具家財の損傷、鼠咬症や騒音などの被害をもたらす恐れがあり、早めの対処が大切です。

ネズミの駆除サイトを今すぐ確認してみましょう。

この動物は体が小さいので小さな隙間があれば容易に家庭内に侵入でき、繁殖力が旺盛なので被害拡大までの時間が短いです。
なので早めの対処が必須であり、ラットサインはねずみ駆除を行うべきかの目安になります。

この小型の害獣は移動時に尿を行うとされ、その中には蛍光成分が含有してるとされます。

暗い場所でブラックライトを照らすと青白く、あるいは黄色白く光るとされます。

これをラットサインと呼び、尿に限らずねずみの通り道に糞や体毛があればそれに当てはまります。

ねずみ駆除の方法に臭いを用いるものが挙げられ、この動物はわさびや防虫剤、ミントといった臭気を嫌います。



ハッカもその中の一つであり、それをスプレーにすれば忌避剤の役割を果たします。

ハッカ油5ml、精製水10ml、エタノール80mlの3つの材料で自作でき、初めにエタノールとハッカ油を混ぜ合わせます。



混ぜ合わせたものに精製水を混ぜ、スプレー容器に入れれば忌避剤が完成し、ラットサインがあった場所に振りかけると効果があります。

振りかける場所はねずみの通り道になる場所や換気口、配管周りにも行うべきであり、特に配管周辺は齧られると火災の恐れになるので入念にしましょう。

ハッカスプレーはねずみ駆除の手助けになりますが、持続性が弱いデメリットがあるのでこまめに振りかける必要があります。
1度作ったスプレー自体も約10日が使用期限であり、それ以上の期間が経過すると臭いが薄くなるので注意しましょう。